凸版印刷、顧客軸でのデータ活用にむけたCDPの導入を支援

CDP業界トップシェアのArm Treasure Data eCDPの設計構築を専門とするチームを組織化
よろしければこちらもご覧ください
編成した専門チームの取り組み

凸版印刷は、トレジャーデータが提供する「Arm Treasure Data eCDP」の設計・構築に対応するチームを編成し、顧客軸でのデータ活用にむけたCDP(顧客データプラットフォーム)の導入支援を強化する、と8月22日発表した。

デジタルマーケティング施策が進んでおり、保有しているデータをより個人に紐づけ、個人プロファイルデータの精度をより高めることで、ビジネスやコミュニケーションを顧客中心に設計し直したいというニーズが高まっている。このニーズに応えていくために、CDP業界トップシェアのArm Treasure Data eCDPの設計構築を専門とするチームを組織化することになった。

具体的なCDPの導入支援内容は、「CDPを含むプラットフォーム全体の設計・構築・運用」「様々なデジタルマーケティングツール・プラットフォームとの連携支援」「データ利活用施策の提案および実行・運用支援」「CDPデータを活用した可視化やレポーティング」などとなっている。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]