ヤフーが検索連動型広告「スポンサードサーチ」のサポートサービス「らくアド」開始

簡単な設定で広告文を自動作成、中小企業の広告主の課題となる運用と管理の負担を軽減

ヤフーは、「Yahoo! JAPAN」や提携サイトに掲載する広告「Yahoo!プロモーション広告」の入稿支援ツール「かんたん広告作成」をリニューアルし、検索連動型広告「スポンサードサーチ」のサポートサービス「らくアド」を始めた、と7月6日発表した。スポンサードサーチをサイトから直接申し込んだ広告主が象で、広告管理ツールの操作や広告運用のノウハウがなくても、簡単な設定で広告文を自動作成する。中小企業の広告主の課題になっている広告運用と管理の負担を軽減し、インターネット広告の導入を容易にする。

らくアドは、広告運用の難しさから導入をあきらめていたり、人材不足から出稿に踏み切れなかったりする企業向けに、スポンサードサーチの利用を促すことが狙い。初めて出稿する場合もシステムで自動運用して月の予算内でクリック数を最大化することで、効率的にプロモーションが展開できる。広告の設定は、ウェブページのURL、約3000種から選択する業種、地域、月額予算、電話番号の登録だけで完了する。アルゴリズムで自動的にキーワードやタイトル・説明文が生成され、広告主の内容確認後、広告を掲載する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]