「コードアワード2016」受賞12作品が決定、スマートフォンやIoTの特性を活かした作品が活躍

D2C運営のデジタルマーケティングの広告賞、ファイナリスト29作品から受賞作品が決定
岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/6/15 9:26

モバイルマーケティング事業のD2Cは、同社が運営するデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2016」の最終審査を行い、ファイナリスト29作品から、受賞12作品を決定した、と6月14日発表した。今回は「ベスト・ユース・オブ・メディア」に選ばれた「Native Mobile Music Video」など、スマートフォンによる視聴体験を意識した作品や、「審査員特別賞」を受賞した車の自動パーキング技術を搭載し、手を叩くと本来の位置に自動的に戻るオフィスチェア「INTELLIGENT PARKING CHAIR」といった、IoT化が組み込まれた作品が多かった。

コードアワード2016の受賞作品は、「ベスト・イノベーション」がサンスターの「G・U・M PLAY」、「ベスト・クラフト」がKIRINの「GREEN NAME」、「ベスト・イフェクティブ」はオーストラリア政府観光局の「GIGA Selfie」、「ヘスト・ユース・オブ・メディア」がキングレコードの「Native Mobile Music Video」、「審査員特別賞」が日産自動車の「INTELLIGENT PARKING CHAIR」などとなっている。コードアワード2016贈賞式は、7月27日にD2Cホールで開催。同日には一般投票による「パブリックベスト賞」の発表も予定している。

コードアワード
http://www.codeaward.jp/

D2C
http://www.d2c.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]