デジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2016」3/16エントリー開始

エントリーシートのダウンロードを開始、3月16日から応募を受け付ける
よろしければこちらもご覧ください

D2Cは3月3日、同社主催のデジタル広告とマーケティングのためのアワード「コードアワード2016」の開催を発表した。同日よりエントリーシートのダウンロードを開始し、3月16日から応募を受け付ける。

コードアワードは、総合デジタル広告・マーケティングのアワードとして、デジタルを介して創造した「体験(エクスペリエンス)」によって成功したマーケティングコミュニケーション事例を募り、そのチームを称えて世の中に発信する。デバイスや施策の規模にかかわらず、手法やアイデア、成果、クラフト、データやテクノロジー、メディア活用などを評価する。

本年度は、データを有効活用した作品が対象の「ベスト・ユース・オブ・データ」を新設したほか、新しい手法でメディアを有効活用した作品に贈る「ベスト・ユース・オブ・メディア」を復活されるなど、各賞の構成もリニューアルした。

作品の応募期間は3月16日から4月20日まで、応募費用は無料。6月下旬に各賞の優秀作品および「グランプリ」の発表を予定している。

コードアワード2016
http://www.codeaward.jp/

応募要項
http://www.codeaward.jp/terms/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]