オプトが動画でブランド価値を高めるための研究組織「Branded Movie Lab」を設立

パシフィックボイスとの共同事業、企業マーケティングでの新たな動画活用法を提示
よろしければこちらもご覧ください

eマーケティングのオプトは、動画を活用してブランド価値を高めるための研究を行う組織「Branded Movie Lab」を設立した、と6月7日発表した。映像コンテンツの企画制作・販売やアーティストのマネジメントなどを展開するパシフィックボイスとの共同事業で、動画による企業のマーケティングを研究し、企業の新たな動画活用法と価値を示す。オプトが立ち上げた「デジタルブランディングプロジェクト」の第1弾となる。

Branded Movie Labは、ブランド動画を「コンテンツ自体が魅力・価値を持ち、オーディエンスとの繋がりを生むブランドのメッセージがあるもの」と位置付け、ニーズや市場調査、動画による態度変容・購買行動への影響の可視化や、表情の解析など先端の分析手法を採り入れて新しいコミュニケーションの創出を目指す。デジタルブランディングプロジェクトは、ブランド広告市場でのデジタル活用の活性化を目的にしている。

オプト
http://www.opt.ne.jp/

パシフィックボイス
http://www.pacvoice.com/index.php

Branded Movie Lab
http://brandedmovielab.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]