電通デジタルが東大先端研の研究室と共同研究組織「共創イノベーションラボ」を設立

より良いオープンイノベーションの実現がテーマ、共創手法を使ったプロジェクト推進
よろしければこちらもご覧ください

電通の100%子会社でデジタルマーケティング関連事業の電通デジタルは、東京大学先端科学技術研究センターの研究室と、共同研究組織「共創イノベーションラボ」を設立した、と1月31日発表した。より良いオープンイノベーションの実現をテーマにする。オープンイノベーションは、新技術・新製品の開発で組織の枠組みを越えて広く知識・技術を集めることを意味する。企業の戦略策定の現場で組織横断チームの編成や、社外有識者などの知見を交えてアイデアを創出するオープンイノベーションの活用が注目されていることから、立ち上げる。

電通デジタルは、デジタル化推進に向けた組織改革や事業戦略策定、新サービス・新商品開発支援などのコンサルティングを展開する中、オープンイノベーションの活用が必要と考えた。企業と社外の人材が新しい価値やサービスを創り出す「共創」の場にもなる。都市計画・ライフスタイルに詳しく、企業とのプロジェクトも実施している小泉秀樹教授の研究室と組む。共創イノベーションラボでは、共創の手法を使ったプロジェクトを推進し、企業の商品・サービス開発でのアイデア創出支援、戦略コンサルティングなどで同研究室の知見を生かす。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]