リターゲティング広告のAdRollがネットショップ構築「MakeShop」と連携してサービス開始

主要なサイトや「Facebook」へリターゲティング広告を配信、MakeShopの商品データを使用
よろしければこちらもご覧ください

リターゲティング広告の米国AdRollの日本法人、AdRollは、自社のリターゲティングプラットフォームをECソリューションのGMOメイクショップが運営するネットショップ構築サービス「MakeShop」と連携し、正式にサービスを始めた、と4月15日発表した。MakeShop利用するショップ運営者は、MakeShopのクリック課金型広告サービス「アイポクリック」を通じ、AdRollのプラットフォームから主要ウェブサイトや「Facebook」へリターゲティング広告が配信できるようになる。

MakeShopに登録されている商品データを使うため、新たに画像を用意したり商品情報を登録したりする必要はない。AdRollのリターゲティングは、ショップの製品やブランドに興味を示した顧客をターゲットに、ウェブやソーシャルメディアを通じてパーソナライズした広告を届ける。匿名化された訪問者データを収集して潜在顧客が閲覧する情報媒体に広告を配信する。1つのプラットフォームで全チャネルを管理し、キャンペーン開始から追跡までを容易な操作で可能にした。

AdRoll
http://www.adroll.jp/

MakeShop
http://www.makeshop.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]