有料ネット動画の利用率は12%、許容度の高い広告は「数秒後にスキップできる広告」 ニールセン調査

数秒後にスキップできる広告は、半数近くが「表示されても良い」と回答

インターネット調査のニールセンは、3月末から販売開始した消費者の動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「Nielsen Video Contents & Ads Report 2016」を基に動画コンテンツの利用状況と動画広告に対する意識を分析し、4月14日、結果を発表した。定額制やVOD(Video On Demand)など都度課金型の「有料インターネット動画」は12%の利用率で、規模はDVD視聴の5分の1だった。動画広告フォーマットのうち、許容度が高かったのは「数秒後にスキップできる広告」で、半数近くが「表示されても良い」と回答した。調査は3月9日~14日にかけて実施し、パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国15歳以上の男女、約2000人を対象に行った。

2016年3月時点の有料動画視聴サービスの利用でもっとも多かったのは「レンタルや購入したDVD、ブルーレイ」がもっとも多く、60%だった。利用率がDVDの5分の1だった有料インターネット動画利用者は、男性の利用者が多く、16歳~34歳の利用率では20%を超えていた。また、「新しいものが好き」な人は23%が利用していた。動画広告を見たことによる態度変容として「商品やブランドを嫌いになったことがある」人は17%だった。嫌いになった理由は「何度も同じ広告が表示されたから」がもっとも多く65%で、次いで「自分に関心のないことだったから」が57%、「広告がスキップできなかったから」が53%の順だった。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

Nielsen Video Contents & Ads Report 2016
http://www.nielsen.com/jp/ja/press-room/2016/nielsen-pressrelease-201604...

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]