DNPが写真を自動調整して色を補正するサーバーソフト「Color Essenceサーバー」を発売

入力フォルダに画像登録すると補正画像を出力フォルダに自動生成、大量のデータを一括処理

大日本印刷(DNP)は、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真の色調のバランスやコントラストなどを自動調整して最適な画像に補正するソフト「DNP画像色補正サーバーソフトウェアColor Essenceサーバー」を2月10日発売した、と同日発表した。ECサイトや印刷物に使う写真データを管理するサーバーにインストールして利用し、入力フォルダと出力フォルダを作成。画像を入力フォルダに登録すると、補正した画像が出力フォルダに自動的に生成される。大量のデータの一括処理が可能になり、作業効率を高める。ソフトのライセンス費用は300万円(税別)。

専門的な知識や操作が不要で美しい写真画像が手軽に生成できる。DNPが開発した写真画像の自動補正プログラム「DNP画像色補正ライブラリ」を画像処理エンジンとして組み込んだ。画質を向上させる各種の補正機能を搭載し、幅広い色補正のニーズに応える。露出不良による暗い画像を適切な明るさにするほか、人の肌や植物、空などを最適な色調に補正したり、明部と暗部を適切なコントラストに補正したりするなどの機能がある。ピントがぼけている画像はシャープにし、デジタル画像のノイズも除去する。「Jpeg」「TIFF」「BMP」の8万~3500万画素に対応する。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

Color Essenceサーバー
http://www.dnp.co.jp/software/product04.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]