家族構成や年収など、消費者属性データを可視化・閲覧できる「Experian Mosaic Japan Segmentation Portal」の提供開始

エクスペリアンジャパン提供、MosaicデータをGoogleストリートビューなどと連携
岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/2/5 8:16

マーケティング支援・情報サービスのエクスペリアンジャパンは、消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan(Mosaic)」のデータを可視化し、活用しやすくする新サービス「Experian Mosaic Japan Segmentation Portal(Segmentation Portal)」の提供を2月25日に開始する、と2月4日発表した。Mosaicは、日本の全町丁目レベルを14グループ、52タイプ、220セグメントに分類し、顧客を居住地情報からセグメント可能にする。Segmentation PortalはMosaicデータをGoogleストリートビューなどと連携して直感的、立体的に理解できるようにする。

Segmentation Portalは、Mosaicデータを入手し、オンライン上で使いやすいように整理する。家族構成や年収などさまざまな観点からMosaicグループ、タイプ同士を比較することもできる。GoogleマップやGoogleストリートビューと連携し、各Mosaicグループ、タイプの代表的な居住エリアを表示する。Googleストリートビューの写真をクリックすると、居住エリアの暮らしぶりが具体的に浮かび上がる。年代や性別、年収など、ターゲットセグメントの条件を複数選択すると、条件に合致するMosaicグループ、タイプを導き出すことができるので、エリアマーケティングやプロモーションの実施に役立てることができる。

エクスペリアンジャパン
http://www.experian.co.jp/

Experian Mosaic Japan
http://www.marketinggate.jp/service/mosaic/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]