アライドアーキテクツ、Facebookの「キャンバス広告」に特化した制作運用サービスを開始

Facebookから移動せず広告コンテンツが閲覧できるため、リッチな広告体験の提供が可能
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティングのアライドアーキテクツは、「Facebook」の新広告フォーマット「キャンバス広告」のための制作・運用支援サービスの提供を開始する、と2月4日発表した。キャンバス広告は、ユーザーの操作に応じて内容が変化する「キャンバス」を素材として利用するフォーマットで、ブランドや商品をカタログのように紹介したり、ゲームやアプリの使用法、デモを見せることができる。Facebookから移動せずに広告コンテンツが閲覧できるため、リッチな広告体験を提供できる。

キャンバス広告は、ウォール上に表示した広告をタップするとすぐフルスクリーン画面になるため、突然外部サイトに移動するストレスを感じることがない。通常のランディングページより短期間・低コストで高クオリティなページが制作できる。キャンバスの閲覧で興味・関心の度合いをフィルタリングできるので、自社サイトへの無用なトラフィックを押さえ、優良な見込客を獲得できる。

アライドアーキテクツ
http://www.aainc.co.jp/

キャンバス広告の概要
http://smmlab.jp/?p=41762

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]