ベストインクラスプロデューサーズとSprocket、データドリブン型コミュニケーション開発事業で協業

コミュニケーションシナリオ設計と、顧客育成プラットフォームを組み合わせて提供
岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/2/5 8:13

マーケティング開発のベストインクラスプロデューザーズ(BICP)と顧客育成プラットフォーム開発のSprocketは、オムニチャネルにおけるデータドリブン型コミュニケーション開発事業で、両社のリソースを活用した協業を行う、と2月4日発表した。BICPによるチャネルを横断したコミュニケーションシナリオ設計と、Sprocketの顧客育成プラットフォーム「Sprocket」を組み合わせ、オムニチャネル型のマーケティングソリューションを提供する。

BICPはオムニチャネルに対応したエンタープライズ向けプラットフォームがないことを課題としており、Sprocketは導入前のKPI(重要業績評価指標)設計、カスタマージャーニュー設計、コミュニケーションシナリオ設計ができるパートナーを必要としていた。両社の協業により、それぞれの課題を解決すると同時に企業のオムニチャネル戦略に対応したデータドリブン型コミュニケーションシナリオの開発・設計・実行ができるようになるという。

ベストインクラスプロデューサーズ
http://bicp.jp/

Sprocket
https://www.sprocket.bz/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]