ヤフーがインストリーム広告の広告配信プラットフォームを米国Videologyに移行

ビデオ広告の在庫量拡充、連続配信や同業種の広告が再生されない自動制御が可能

ヤフーは、インストリーム広告の広告配信プラットフォームを10月にビデオ広告プラットフォームソリューションの米国Videologyに移行した、と10月8日発表した。広告主のブランド価値を守りながらビデオ広告の在庫量を大幅に増やすことができ、広告主はインストリーム広告が活用しやすくなる。インストリーム広告は動画コンテンツの前後や中間に挿入されて一定時間再生されるビデオ広告を意味し、テレビ広告との補完や相乗効果が期待できる。

Videologyはビデオ広告の予約型配信技術を持つ。プラットフォームの活用で動画コンテンツの広告枠の時間が認識され、時間内に複数のビデオ広告が連続配信できるほか、広告枠内で同一の広告や同業種の広告が連続再生されないように自動制御する機能も備える。精度の高い在庫予測機能と配信保証機能があり、予約型配信が可能になる。広告主はテレビ広告と同様にプロモーション期間と配信量を予約・購入し、最適なプランニングが実施できる。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

Videology(英語)
http://www.videologygroup.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]