日本オラクル、「Marketing Cloud」で「Data Management Platform」と「Eloqua Marketing」統合

担当者はターゲティングの精度を高めて効果の高いマーケティングプログラムが構築可能
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは、クラウド型マーケティングプラットフォーム「Oracle Marketing Cloud」で、最適化した広告キャンペーンを行うためのクラウド型データマネジメントプラットフォーム「Oracle Data Management Platform」と、クラウド型マーケティングオートメーションプラットフォーム「Oracle Eloqua Marketing Cloud Service」を統合する、と10月23日発表した。統合でマーケティング担当者のターゲティングの精度を高め、より効果の高いマーケティングプログラムが構築できるという。

Oracle Eloqua Marketing Cloud Serviceで生成した顧客の行動データを匿名化したうえでOracle Data Management Platformへの移行が可能になる。このデータは検索、表示、サイトの最適化、モバイル広告で顧客のリターゲティングに使用でき、Oracle Data Management Platform上でマーケティング担当者がターゲットにする顧客層に類似した属性モデルを作り、見込み顧客へのリーチの拡充が可能になる。Oracle Marketing Cloudはクロスチャネル、ソーシャル、モバイル、コンテンツマーケティングソリューションが既に統合され、今回の統合によってより完成された。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]