オラクル、6つのプラットフォーム・サービスを新たに導入し、「Oracle Cloud」のポートフォリオを拡大

アプリ開発と導入、SaaSアプリの機能拡張、既存の自社運用型アプリの移行を支援
よろしければこちらもご覧ください

ITソリューションのオラクルは、同社のクラウドサービス「Oracle Cloud」に6種類の「Oracle Cloud Platform」サービスを導入する、と9月30日発表した。新しいサービスにより、顧客やパートナーによる新しいアプリケーションの開発と導入、オラクルのSaaSアプリケーションの機能拡張とパーソナライズ、既存のオンプレミス(自社運用)型アプリケーションのOracle Cloudへの移行を支援する。

Oracle Cloud Platformは、オラクルのSaaS型アプリケーションの基盤で、世界中のSaaSプロバイダーの支持を集めている。今回はビッグデータ分析、クラウド統合、プロセス管理、Java Platform Standard Edition(Java SE)サーバー側のJavaScript環境であるNode.jsを実現するための新機能をOracle Cloud Platformに搭載することになった。追加した機能は、「Oracle Big Data Cloud」「Oracle Mobile Cloud」「Oracle Integration Cloud」「Oracle Process Cloud」「Oracle Node.js Cloud」「Oracle Java SE Cloud」となっている。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

日本オラクルメディアセンター
http://japanmediacentre.oracle.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]