電通、消費者行動のシングルソースデータベース環境「d-holistics」を構築

「メディア接触調査」をインテージと共同で実施し、シングルソースデータベースを整備
よろしければこちらもご覧ください

電通は、市場調査のインテージが提供する消費者パネルデータを活用し、メディア接触・購買行動・生活意識をシングルソース(同一の調査対象者)で統合分析できるデータベース環境「d-holistics」を構築した、と9月26日発表した。デジタル化の進展やメディアの多様化により、キャンペーンの成功には消費者行動をホリスティック(包括的)にとらえ、効果的な戦略の立案が必要になる。電通はインテージが保有する消費者パネルを対象に、クロスメディアによる「メディア接触調査」をインテージと共同で実施し、独自のシングルソースデータベースを整備した。

従来、分析や効果検証(PDCA)は、ケースごとに異なるデータや手法によって行っていた。d-holisticsでは、ターゲットプロファイリング、コミュニケーションプランニング、メディアプランニング、キャンペーンマネジメントなどにおける分析と効果検証が一度にできるようになるため、従来はなかった統合型のマーケティングソリューションを提供することが可能になったという。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

インテージ
http://www.intage.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]