ビデオリサーチ、「Twitter」上でのテレビ番組への反応を測る「Twitter TV エコー」開始

投稿数ではなくツイートが表示された総量でテレビとソーシャルメディアの関係性を明示
よろしければこちらもご覧ください

メディア効果測定のビデオリサーチは、「Twitter」上でのテレビ番組への反応を測るサービス「Twitter TV エコー」を始める、と9月19日発表した。番組に関するツイートの拡散の度合いが把握できる。ツイートが表示された総量を「インプレッション」と呼び、これを到達数としてテレビとソーシャルメディアの関係性を明らかにする。これまで投稿数でしか把握ができなかったTwitterの広がりが到達視点で分かるようになる。同日から自社のウェブサイトで「インプレッションユーザー数TOP5番組」を毎日公開し、9月29日に正式契約を始める。

インプレッションは延べ回数で、少人数で大量のツイートが交換されている場合と、少ない投稿が多くの人に読まれているか区別できない。そのため、インプレッションでツイートが表示された人数で拡散が評価できるように「インプレッションユーザー数」を提供する。テレビの評価を多角的に捉える共通指標となる。Twitter TV エコーの9月8~14日の結果では、1日単位でツイート投稿ユーザー数が約25万、総ツイート投稿数約60万、インプレッションユーザー数(ツイート表示人数)約700万、インプレッション数(ツイート表示総量)約7900万だった。

9月8~14日のインプレッションユーザー数上位番組は、トップが「ミュージックステーション」(テレビ朝日)で約215万(投稿ユーザー数約6万6000)。2位は「世界の果てまでイッテQ!秋の梨汁珍獣祭り」(日本テレビ)の約207万(同約2万9000)、3位は「ワイド!スクランブル・第1部」(テレビ朝日)の約179万(同約4万7000)となった。1位のミュージックステーションは、出演者自身がツイートを投稿するなどTwitterの積極的な活用が見られた。インプレッションの拡大には、放送局やタレントの公式アカウントの影響も大きいとしている。

ビデオリサーチ
http://www.videor.co.jp/

Twitter TV エコー
http://www.videor.co.jp/tv-echo/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]