ホットリンク、業界に特化したソーシャルメディアの分析データを無償で提供開始

分析データの無償提供により企業のソーシャル・ビッグデータのビジネス活用を促進
よろしければこちらもご覧ください

エージェントシステム開発のホットリンクは、業界に特化したソーシャルメディア分析データを無償で提供することにした、と3月11日発表した。市場の認知度が低い商品やサービスを持つ企業は口コミ数が少ないため、ソーシャルメディアの分析には及び腰だった。ソーシャルメディア分析データを無償で提供することで、企業のソーシャル・ビッグデータのビジネス活用を促進する。第一弾として酒類・清涼飲料業界の分析データを提供する。

第一弾として提供するのは「ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー」などの酒類と「お茶、珈琲、炭酸飲料、果物飲料、乳飲料」などの清涼飲料。日々の口コミ数を設定したAPIを公開し、企業は日々のデータを蓄積することで、商品カテゴリ別の市場の変化を読み取ることが可能になる。変化を読み取ることで、生活者の「今」を感じ取ることができ、マーケティング戦略の補完や裏付けのデータとして活用できる。

ホットリンク
http://www.hottolink.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]