プラットフォーム・ワン、DSP「MarketOne」でマイクロソフトのMSNなどへの広告配信が可能に

広告主はMarketOneを利用してMicrosoft Advertising Exchangeの購入が可能に
よろしければこちらもご覧ください

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の連結子会社でインターネット広告のプラットフォーム・ワンは、同社のDSP(デマンドサイドプラットフォーム)「MarketOne」と日本マイクロソフトが提供する「Microsoft Advertising Exchange」とのRTB(リアルタイム入札)取り引きを開始した、と1月16日発表した。Microsoft Advertising Exchangeはオンラインの広告在庫をリアルタイムに購入できるアドエクスチェンジサービス。MarketOneとの連携により広告主はMarketOneを利用してMicrosoft Advertising Exchangeを購入することができる。

MarketOneは、グローバルに展開するDSPで、月間600億インプレッションを超える広告配信規模を持つ。広告主・広告会社はCPC(クリック課金)、CPM(インプレッション課金)、dCPA(目標CPA=顧客獲得単価に合わせ入札額自動変動)といったMarketOneの多彩な入札方法を利用できるほか、オーディエンス、エリア、時間、デバイス、フリークエンシーなどのターゲティング項目を選択してMicrosoft Advertising Exchangeを購入できるようになった。

プラットフォーム・ワン
http://www.platform-one.co.jp/

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]