日本オラクル、クラウド型ソーシャルメディア管理アプリ「Oracle Social Relationship Management」を提供開始

「Facebook」「Twitter」「Google+」を通じてカスタマー・エクスペリエンスを向上

ITソリューションの日本オラクルは、クラウド型ソーシャルメディア管理アプリケーション「Oracle Social Relationship Management」を10月16日より提供開始する、と同日発表した。ソーシャルメディアでの企業と顧客のコミュニケーションを支援するアプリケーションで、企業は「Facebook」「Twitter」「Google+」のソーシャルメディアを通じて、自社ブランドや製品のファンを増やし、カスタマー・エクスペリエンスを向上することができる。

Oracle Social Relationship Managementは、複数のソーシャルメディアアカウントを統合的に管理し、適切なチャンネルを選択して計画的に投稿することができる。ソーシャルメディア上でキャンペーンを行うためのアプリケーションを簡単に作成し、実行することが可能。投稿に対する反応、ファン数の推移やキャンペーン効果など分析し、レポートする機能も提供する。また、ソーシャルメディア上のデータを収集し、チャンネルを横断して自社ブランドや製品、競合に対する顧客の声をモニタリングしてマーケティング活動に役立てることができる。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp

日本オラクルメディセンター
http://japanmediacentre.oracle.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]