デジタルインテリジェンス、ブランド効果測定プログラムのリアルタイムサーベイ「BERTS」提供

従来のキャンペーン終了後の効果調査ではなく、キャンペーンの進行に添って効果の確認が可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング・コンサルティングのデジタルインテリジェンスは、ブランド効果測定プログラムのリアルタイムサーベイ「BERTS(Branding Effects Real Time Survey)」の提供を始める、と8月29日発表した。キャンペーンに合わせてリアルタイムでデータが把握できる。インターネット広告配信のオムニバス、動画配信プラットフォーム提供のチューブモーグルと実施する。

BERTSは、キャンペーン終了後にしか調査・把握できなかった従来のブランディング効果調査と異なり、キャンペーンの進行に添って効果が確認できることが特長となり、速やかなPDCA(計画・実行・評価・改善)につなげられる。調査対象のターゲティングが可能で、広告接触者と非接触者を確実に分けて意識調査できる。質問項目などの入力操作が容易なユーザーインターフェースにした。

デジタルインテリジェンス
http://di-d.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]