電通、マラソン通過タイムのSNS投稿と広告展開を融合したサービス「SOCIAL_MARATHON」を開発

タイム計測用ICチップを活用し、計測ポイント通過時に通過タイムをSNSに投稿
よろしければこちらもご覧ください

電通と広告・宣伝の企画・制作を行う電通テックは、マラソン大会において参加ランナーの通過タイムをSNSに投稿するサービスと広告展開を融合したコミュニケーションサービス「SOCIAL_MARATHON」を開発した、と6月18日発表した。ランナーのシューズなどに取り付けるタイム計測用ICチップの管理データベースを活用し、計測ポイント通過時に、通過タイムが自動的にSNSに投稿できる。

SOCIAL_MARATHONでは、ランナー自身が設定した「自分の目標タイム」とランナーが競い合うレースをSNS上で展開できる。その様子を見た友人がリアルタイムに応援することもできる。協賛スポンサーは、サービスを通じてSNSに投稿する通過タイムや友人からの応援メッセージに応援広告を表示できるため、市民ランナーとネット上の友人・知人に対してタイムリーなアプローチが可能になる。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

電通テック
http://www.dentsutec.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]