電通、マラソン通過タイムのSNS投稿と広告展開を融合したサービス「SOCIAL_MARATHON」を開発

タイム計測用ICチップを活用し、計測ポイント通過時に通過タイムをSNSに投稿

電通と広告・宣伝の企画・制作を行う電通テックは、マラソン大会において参加ランナーの通過タイムをSNSに投稿するサービスと広告展開を融合したコミュニケーションサービス「SOCIAL_MARATHON」を開発した、と6月18日発表した。ランナーのシューズなどに取り付けるタイム計測用ICチップの管理データベースを活用し、計測ポイント通過時に、通過タイムが自動的にSNSに投稿できる。

SOCIAL_MARATHONでは、ランナー自身が設定した「自分の目標タイム」とランナーが競い合うレースをSNS上で展開できる。その様子を見た友人がリアルタイムに応援することもできる。協賛スポンサーは、サービスを通じてSNSに投稿する通過タイムや友人からの応援メッセージに応援広告を表示できるため、市民ランナーとネット上の友人・知人に対してタイムリーなアプローチが可能になる。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

電通テック
http://www.dentsutec.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]