東急ハンズ、ITソリューション子会社「ハンズラボ」設立、システム内製化の経験を活用

企業や個人にシステムの受託業務やクラウドコンピューティングを使ったサービスを提供

総合専門小売業の東急ハンズは、ITソリューション子会社「ハンズラボ」を4月1日付で設立した、と5月30日発表した。東急ハンズの基幹システム内製化で蓄積した経験を活用し、企業や個人向けにシステムの受託業務や、クラウドコンピューティングを利用したサービスを提供する。ITコンサルティングやドラッグストアのシステム開発などのプロジェクトを既に始めた。

ハンズラボは、東京都渋谷区の東急ハンズ内に置き、資本金は5000万円で東急ハンズが100%出資。東急ハンズ執行委員ITコマース部長が社長を務める。手掛ける業務は、インターネットを利用した各種サービス、経営・業務のコンサルティング、業務アウトソーシング、ソフト・システムの研究開発、ソフトのライセンス供給、システムの開発、導入、運用、保守などとなる。

東急ハンズ
http://www.tokyu-hands.co.jp/

ハンズラボ
http://www.hands-lab.com/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]