日本ベリサイン、Webサイトの脆弱性を診断する「脆弱性アセスメント」サービスに新機能を追加

中間CA証明書チェック機能の追加により、サーバー管理者の業務負荷を軽減

情報セキュリティの日本ベリサインは、同社のSSLサーバー証明書を利用するユーザーに無償で提供している「脆弱性アセスメント」サービスに、デジタル証明書の一種で証明書の有効性を検証するために必要な「中間CA証明書」チェック機能を新たに追加した、と1月9日発表した。これにより、サーバー管理者の業務負荷を軽減することができるという。

Webサーバーに中間CA証明書の設定を忘れるなどの不備があると、一般のサイト利用者がPCや携帯電話などからサイトにアクセスできなくなるトラブルが発生する。中間CA証明書チェック機能の追加により、中間CA証明書の設定忘れ、期限切れ、中間CA証明書とクロスルート設定用証明書の設定順序の間違いなどの不備を検知することが可能になった。

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]