アドビシステムズ、クラウドベースのメディア最適化技術「Adobe AdLens」のアップデートを発表

リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャル広告のパフォーマンスが向上
岩佐 義人(Web担 編集部) 2012/10/6 1:24

アドビシステムズは、クラウドベースのメディア最適化技術である「Adobe AdLens」がアップデートし、分析ソリューション「Adobe SiteCatalyst」と連携した、と10月3日発表した。Adobe SiteCatalystの活用により、広告主はコンバージョン指標の活用が容易になり、メディアの方向性の決定や、ROI(投資対効果)の最適化を実現することができる。また、連携により、リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャル広告におけるキャンペーンのパフォーマンスが向上した。

アップデートしたAdobe AdLensの使用により、広告主は、コンバージョンや売上など、ビジネス指標に影響を及ぼすメディアの特定や、最新のユーザーインターフェイスの採用によるインライン編集機能、高度なフィルタリング機能、自動カスタムラベリング機能の利用が可能になる。また、統合インターフェイスにより、アプリケーションプログラミングインターフェイスとBaidu、Facebook、Google、LinkedIn、Yahoo!/Bing、Yandexとの連携で、検索マーケティングキャンペーンを最適化することができる。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]