日本ブランド戦略研究所、「Webサイト価値ランキング」で、1位は日本航空、2位は全日本空輸

事業に対する貢献度に基づき、アンケートと財務調査でWebサイトの価値を金額で算定
よろしければこちらもご覧ください

ブランドやWeb戦略に関するコンサルティングの日本ブランド戦略研究所は、日本の有力企業232社のWebサイトの価値を調査し、9月3日、調査結果を発表した。調査は事業に対する貢献度に基づいてWebサイトの価値を金額で算定。1位は日本航空で1266億円、2位は全日本空輸で1200億円、3位はNTTドコモで778億円だった。調査は6月1日~18日に全国18歳~69歳の一般消費者男女を対象に行ったアンケートと財務調査によるもので、アンケートはインターネットを利用して実施。有効回答数は1万8600だった。

4位以下のWebサイト価値は、4位がパナソニックで680億円、5位がトヨタ自動車で631億円、6位がJR東日本で551億円、7位がサントリーで521億円、8位がホンダで492億円、9位が日産自動車で473億円、10位がJTBで445億円だった。また、業界別のランキングでは、1位は電子・電機、2位は情報・通信、3位は自動車・バイク、4位は住宅関連、5位はトイレタリー・大衆薬となった。企業別の1位、2位を占めた日本航空と全日本空輸の属する運輸・レジャーは業界別では9位だった。

日本ブランド戦略研究所
http://japanbrand.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]