電通、SNSとコンビニエンスストアの店頭をつなぐ電子クーポン配信プラットフォームを開発

クーポン応募やクーポン取得後に実店舗で商品に交換する人の割合を高める効果を期待
よろしければこちらもご覧ください

電通は、ローソン、ファミリーマートなどコンビニエンスストア各社の電子クーポンシステムと連携し、SNSの「Facebook」、「Twitter」、「mixi」上で電子クーポンを配布するプラットフォームを開発し、9月3日からサービスを提供する、と8月31日発表した。同プラットフォームではクーポンユーザー募集の窓口をSNS上に置くことでユーザーをオープンに募ることができると同時に募集情報の拡散が可能。クーポンへの応募やクーポン取得後に実店舗で商品などに交換する人の割合を高める効果が期待できる。

電子クーポン配信プラットフォームの活用例としては、「新商品のトライアルユーザーの獲得を目的としたプロモーション施策」、「SNS上に存在する見込み客の店頭誘引施策」、「継続購入を促すためのプロモーション施策」など。プラットフォームはクーポンの取得を友人やフォロワーにシェアし、SNS上での情報拡散を可能にする「SNS連携プラットフォーム」と、コンビニエンスストアごとのクーポンの配布枚数の管理を行い、コンビニエンスストア各社のクーポンシステムと連携する「クーポン配信システム」で構成。5月15日から6月4日に行った実証実験では、他社の事例と比較して15%以上高いコンバージョン率を記録したという。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]