カレン、ソーシャル・リスニングツール「Social Navigator Marketing Edition」を提供

ソーシャルボイスのモニタ、分析、CRMシステムとの連携サービスをTwitter版から提供
岩佐 義人(Web担 編集部) 2012/8/25 8:40

デジタルマーケティング支援のカレンは、東京大学の技術提供を受け、ソーシャル言語処理エンジン「SNiper(スナイパー)」を開発し、SNiperを搭載したソーシャル・リスニング(傾聴)ツール「Social Navigator Marketing Edition」の提供を8月24日開始する、と当日発表した。ソーシャルボイス(ソーシャルメディア上の声)のモニタリング、分析、CRM(顧客管理)システムとの連携を実現するクラウドサービスを、まず「Twitter」版から提供し、「Facebook」版なども順次提供していく。

Social Navigator Marketing Editionの利用により、企業は膨大なソースから言語処理エンジンSNiperを通じて傾聴に値するデータのみを抽出して分析することが可能になる。主な機能は、競合比較、男女比較、ポジネガ比較、各種統計値などがわかる「トレンド分析」、時系列投稿分析や影響力ランクがわかる「ターゲット分析」、男女、世代を対象とした「デモグラ分析」など。情報の取得により、企業はブランドモニタリングの改善、競合情報の取得、マーケティングキャンペーンの効果測定、顧客サポートの改善、風評、誹謗中傷、悪評対策などを行うことができるという。

カレン
http://www.current.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]