カレン、ソーシャル・リスニングツール「Social Navigator Marketing Edition」を提供

ソーシャルボイスのモニタ、分析、CRMシステムとの連携サービスをTwitter版から提供

デジタルマーケティング支援のカレンは、東京大学の技術提供を受け、ソーシャル言語処理エンジン「SNiper(スナイパー)」を開発し、SNiperを搭載したソーシャル・リスニング(傾聴)ツール「Social Navigator Marketing Edition」の提供を8月24日開始する、と当日発表した。ソーシャルボイス(ソーシャルメディア上の声)のモニタリング、分析、CRM(顧客管理)システムとの連携を実現するクラウドサービスを、まず「Twitter」版から提供し、「Facebook」版なども順次提供していく。

Social Navigator Marketing Editionの利用により、企業は膨大なソースから言語処理エンジンSNiperを通じて傾聴に値するデータのみを抽出して分析することが可能になる。主な機能は、競合比較、男女比較、ポジネガ比較、各種統計値などがわかる「トレンド分析」、時系列投稿分析や影響力ランクがわかる「ターゲット分析」、男女、世代を対象とした「デモグラ分析」など。情報の取得により、企業はブランドモニタリングの改善、競合情報の取得、マーケティングキャンペーンの効果測定、顧客サポートの改善、風評、誹謗中傷、悪評対策などを行うことができるという。

カレン
http://www.current.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]