mediba、ネット広告の活用を提案・支援する「medibaトレーディングデスク」を提供開始

従来より効率的な広告配信が可能になり、マーケティングサイクルの活性化が実現
よろしければこちらもご覧ください

KDDI系のmedibaは、広告主向けにDSP(広告効果を最大化するツール)やターゲティング配信技術を用いて、インターネット広告の活用を提案、支援するサービス「medibaトレーディングデスク」を7月17日から提供開始する、と同日発表した。従来よりも効率的で効果的な広告配信が可能になるため、広告主はマーケティングサイクルの活性化が実現できる。

medibaトレーディングデスクは、各DSPのパフォーマンスや広告効果を分析し、広告予算を各DSPに自動最適化・配分できる「DSP一元管理システム」を提供。また、広告効果測定用のタグを導入するための手間と管理が削減できる「ワンタグ機能」や、広告主の要望に合わせたDSPの提案、広告主サイトの来訪者分析を基に広告配信を行う「medibaDSP」などを提供する。

mediba
http://www.mediba.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]