アジャイルメディア、「ユーザーチャート」にTwitterの発言傾向を可視化する「ユーザーマップ機能」を追加

Twitter上の発言内容や発言傾向などから判断し、ユーザーを4つのカテゴリに分類

ブログマーケティングのアジャイルメディア・ネットワークは、ソーシャルメディアの影響力を可視化するツール「ユーザーチャート」に、「Twitter」での発言傾向を可視化する「ユーザーマップ機能」を追加した、と6月18日発表した。ユーザーマップ機能では、Twitter上のユーザーの発言内容、発言傾向を分析し、ツイート数、URLを含むツイート数、リプライの数、「RT」の数などを総合的に判断してユーザーを「キュレーター」「ネットワーカー」など4つのカテゴリに分類する。

ユーザーマップ機能では、URLを含む発言数が多いユーザーは「キュレーター」に分類する。キュレーターは、ユーザー同士のコミュニケーションよりも話題のニュースをピックアップして発信するタイプ。URLを含む発言数が多く、リプライでの会話が多いユーザーは「ネットワーカー」となる。公式RT、非公式RT、リプライが多いユーザーは「コミュニケーター」となり、公式RT、非公式RTが多く、発言数も多いユーザーは「プレゼンター」に分類する。ユーザーのソーシャルメディア上の影響力をフォロワー数などだけで判断するのではなく、ユーザーがどのようにソーシャルメディアを活用しているかを理解することで、効果的なコミュニケーション戦略の立案が可能になるという。

アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/

ユーザーチャート
http://userchart.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]