アイオイクス、モバイルサイトのコンバージョン率を高めるLPO「CAMVT」を開始

改善率に応じた成果報酬型、従来と異なる「多変量解析」と呼ぶ方法を活用
よろしければこちらもご覧ください

ウェブソリューションのアイオイクスは、コンバージョン率が高いページを導き出すモバイルサイト向けのLPO(ランディグページ最適化)サービス「CAMVT」を提供する、と6月15日発表した。コンバージョンの改善率に応じた成果報酬型。モバイル広告のシーエー・モバイルと提携して実施する。試したいページを制作して効果を測定する従来のテスト型分析とは異なり、「多変量解析」と呼ぶ方法で行う。

多変量解析は、キャッチコピー、見た目、ボタン、レイアウトなどページの素材を分類し、数百~数万の組み合わせを自動生成してテストしたうえで最適な組み合わせを抽出する手法。販売、会員登録などのコンバージョン率が大幅に改善できるという。各要素が、コンバージョンにどう影響するかも分かる。モバイル広告の成長に伴って高まるLPOのニーズに対応する。

アイオイクス
http://www.ioix.com/

シーエー・モバイル
http://www.camobile.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]