ヤフーとCOMEL、Yahoo! JAPANコンテンツを使ったデジタルサイネージ向け広告を開始

第1弾として占いコンテンツを全国のイオングループ店舗と自動車教習所に配信

ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーと、デジタルサイネージ事業のCOMEL(コメル)は、Yahoo! JAPANのコンテンツを利用したデジタルサイネージ向け広告サービスを始める、と11月8日発表した。デジタルサイネージが設置された場所に応じてYahoo! JAPANのコンテンツと広告を同時に流し、視聴効果が見込めるデジタルサイネージ広告が可能になるという。第1弾として占いコンテンツを配信し、順次拡大していく。

配信先は、スーパーのイオンショッピングセンター、ジャスコなど全国のイオングループ店舗の中央集中レジや売場に設置されたデジタルサイネージメディアと、全国の自動車教習所に置かれたデジタルサイネージ。イオンは、全国116店舗に約1000面の32インチ横型ディスプレイがあり、教習所は全国300ヵ所、300面の42インチ横型ディスプレイ。ヤフーとCOMELは2月に業務・資本提携し、今回が共同展開するサービスの第1弾となる。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

COMEL
http://www.comel.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]