マイクロソフトが効率的リーチが可能なターゲティング広告商品を販売開始

リターゲティング、行動、地域やさまざまな属性で最適な広告配信を実現
よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは、特定のユーザーに効率的なリーチが可能なターゲティング広告商品「DRIVEpm Selector Program」を3月4日販売開始した、と同日発表した。リターゲティング、行動ターゲティング、地域ターゲティングのほか、さまざまなな属性をオプションで組み合わせることによって「DRIVEpm」アドネットワーク内の特定のターゲットに対して最適な広告を配信することができるという。DRIVEpmは、マイクロソフトの持つトラッキング技術と広告配信技術を合わせたプレミアムアドネットワーク。

同社は2008年7月から成果報酬型広告商品「DRIVEpm Performance Program」を提供し、今回ターゲティング広告商品のDRIVEpm Selector Programを追加した。広告主は約15億インプレッション(2009年1月)規模のDRIVEpmアドネットワーク上でターゲットを絞り、効率的にキャンペーンを展開できるようになるという。DRIVEpm Selector Programの行動ターゲティングは当初、自動車・ビューティ・トラベル・就職/転職・デジタル機器の5セグメント。地域ターゲティングは関東・関西・東海・九州で都府県別のターゲティングが可能。オプションで時間帯配信、曜日配信、回線判別、OS判別、ブラウザ判別、ISPドメインなどのターゲティングができる。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]