日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アルベルト 買いたいタイミング予測サービス 大手通販向けに

予測タイミングに合わせて商品をレコメンドしたり販促のメールや電話をすることで購入につなげていく。
よろしければこちらもご覧ください

レコメンドサービスなどを提供するALBERT(アルベルト、本社東京都)は9月26日、顧客の行動履歴を時間軸で分析して、顧客がネット通販で買いたくなるのはいつかを予測するサービスを開始した。予測されたタイミングに合わせてサイト上で商品をレコメンドで掲載したり、販促のメールや電話をすることで購入につなげていく。通販会社からの要望が多いと見て、サービスを提供していく。

通販向けにコールセンターサービスなどを提供しているバーチャレクス・コンサルティング(本社東京都)と共同で展開していく。消費者の行動履歴の分析をアルベルトが行い、システムの構築をバーチャレクス社が主に担当する。

顧客の年齢や性別だけでなく、過去に購入した商品や注文ツールなどからも顧客のセグメント分けを行う。それぞれのセグメントの顧客が、あるイベントに対して、いつアクションを起こしたかというデータをもとに、購買確率の高くなる時期を予測する。

システムの構築費用は、それぞれの企業の分析範囲によって異なり、2000万円~1億円の初期費用が必要としている。大手ECもしくは通販企業の利用を見込む。「通販だけでなく、保険や旅行などを販売する企業にも導入を見込んでいる」(広報)としている。アルベルトの新たな事業の柱として育成していく考えだ。

・ALBERT「買いたいタイミングを予測」するサービス提供開始(リリース)
http://www.albert2005.co.jp/release/archives/201109/26_140000.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]