日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

医薬品ネット通販規制で光漢堂を刑事告発 大阪府

09年6月の改正薬事法施行により薬のネット通販が規制されてから、刑事告発は初めてのケース

第1類医薬品をネットで販売しているのは薬事法違反にあたるとして大阪府は4月19日、ECサイト〈三牧ファミリー薬局〉を運営する光漢堂(本社大阪府枚方市)を大阪府枚方警察署に告発した。09年6月の改正薬事法施行により薬のネット通販が規制されてから、刑事告発は初めてのケースとなる。光漢堂は販売の正当性を主張している。

大阪府によると、光漢堂は改正薬事法が施行された以降も、育毛剤など対面で説明が必要な第1類医薬品の販売を継続。これまで2度にわたり改善指導を行ったが、改善されなかったとしている。

これに対し、光漢堂は薬剤師がネット電話やテレビ電話で対応しており、対面と同等の安全性を確保しているため問題はないと主張。サイト上で消費者から意見を募集して反論を強めている。

光漢堂は95年からネット販売を開始。会員数は約22万人で、年商は約8億円。風邪薬や育毛剤など、薬事法の改正で販売できなくなった医薬品を主力商品としている。

・三牧ファミリー薬局
http://www.mimaki-family.com/

・薬事法違反者に係る告発について(大阪府)
http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=6747

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]