日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

産経デジタル ECサイトを事業強化 ニュースサイトから誘導1日2万人

取扱商品数は600アイテムに倍増する

フジサンケイグループのニュースサイトを運営する産経デジタル(本社東京)はEC事業の本格展開に乗り出した。4月18日にECサイトを刷新し、商品カテゴリーを3種類から7種類に増やし検索機能を強化した。食品や化粧品を拡充し、女性顧客の獲得していく。メルマガ会員限定で、送料無料キャンペーンも実施する。

取扱商品数は600アイテムに倍増する。顧客のうち、40~50歳代の男性が占める割合が高かったため、食品や整髪料、化粧品といった同年代の女性層が好む生活雑貨品を増やし、顧客層の幅を広げる。

運営するニュースサイトに誘導バナーを掲載して集客を強化する。「MSN産経ニュース」「SANSPO.COM(サンスポドットコム)」「イザ!」「ZAKZAK(ザクザク)」「SankeiBiz(サンケイビズ)」の5サイト合計の訪問者数は月間4000万人で、これらニュースサイトからの誘導者数は1日約2万人となっている。

ECサイト「産経ネットショップ」は10年9月に開設。これまで〈楽天市場〉と〈ヤフー〉に出店している。

・産経ネットショップ
http://sankeishop.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]