日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

オーガランド EC支援システム「ogaRia」を被災事業者に無償提供

10店舗を上限に設定しているが、申し込み状況により受け入れ店舗数を増加する

100円サプリなどを提供するオーガランド(本社鹿児島県)は、東日本大震災で被災した楽天市場店舗に対してEC支援サービス『ogaRia(オガリア)』の無償提供を始めた。福島、宮城、岩手、青森の東北4県の出店者が対象。10店舗を上限に設定しているが、申し込み状況により受け入れ店舗数を増加する。

システムはオーガランドが自社のECサイト運営にて実績を上げたシステムを楽天市場店舗に向けて外販したもの。10年12月から提供を開始し、現在の導入社数は約60社。

システムの導入店舗同士が交流できるSNSサイトを用意しているのも特徴となっている。

・ノウハウ提供応援サービス「ogaRia」
http://www.oga-ria.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]