日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾン 愛知に物流センター「アマゾン常滑FC」開設 出店者サービス拡充へ

東海・中部地方への出荷スピードを速めるほか、出店者向け物流代行サービスの拠点として活用する
よろしければこちらもご覧ください

アマゾンの物流業務を担当するアマゾンジャパン・ロジスティクス(本社千葉県市川市)は4月1日、国内で6カ所目となる物流センターを愛知県常滑市に開設し、同日から稼働を始めた。東海・中部地方への出荷スピードを速めるほか、出店者向け物流代行サービスの拠点として活用する。

開設した「アマゾン常滑FC」の規模については非公開としている。既存の物流センターについては規模を公開してきたが「アメリカ本社の意向」(広報)と説明。中部地方の主力物流拠点となるため、総床面積は市川FC(6万2000平方メートル)、堺FC(6万7923平方メートル)と同規模になったもよう。

アマゾンの取扱商品全般を保管・出荷するとともに、物流代行サービス「フルフィルメントバイアマゾン(FBA)」の主要拠点として利用していく。

アマゾンサービス事業部の前田宏事業部長は「FBAは利便性が高いということで、出店者の多くに利用いただいている。昨年末時点で残り倉庫面積があと少しになっていたため、増床しなければならなかった」としている。

アマゾンは配送のスピード化と保管在庫の拡大を目的に、各地域への物流センター設置を推し進めている。今年1月、11年中の開設を発表した宮城県岩沼市の物流センターは、震災によって大きな被害が出たため撤退も検討した。しかし、被災地での雇用拡大の点からも、予定どおり開設するとしている。

・プレスリリース
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20110401/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]