日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾン 愛知に物流センター「アマゾン常滑FC」開設 出店者サービス拡充へ

東海・中部地方への出荷スピードを速めるほか、出店者向け物流代行サービスの拠点として活用する

アマゾンの物流業務を担当するアマゾンジャパン・ロジスティクス(本社千葉県市川市)は4月1日、国内で6カ所目となる物流センターを愛知県常滑市に開設し、同日から稼働を始めた。東海・中部地方への出荷スピードを速めるほか、出店者向け物流代行サービスの拠点として活用する。

開設した「アマゾン常滑FC」の規模については非公開としている。既存の物流センターについては規模を公開してきたが「アメリカ本社の意向」(広報)と説明。中部地方の主力物流拠点となるため、総床面積は市川FC(6万2000平方メートル)、堺FC(6万7923平方メートル)と同規模になったもよう。

アマゾンの取扱商品全般を保管・出荷するとともに、物流代行サービス「フルフィルメントバイアマゾン(FBA)」の主要拠点として利用していく。

アマゾンサービス事業部の前田宏事業部長は「FBAは利便性が高いということで、出店者の多くに利用いただいている。昨年末時点で残り倉庫面積があと少しになっていたため、増床しなければならなかった」としている。

アマゾンは配送のスピード化と保管在庫の拡大を目的に、各地域への物流センター設置を推し進めている。今年1月、11年中の開設を発表した宮城県岩沼市の物流センターは、震災によって大きな被害が出たため撤退も検討した。しかし、被災地での雇用拡大の点からも、予定どおり開設するとしている。

・プレスリリース
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20110401/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]