日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

1日で50億円超の売上も(楽天とヤフー)、年末のEC活況 

楽天市場は12月15日に56億円、ヤフーは12月12日に51億円となった

ネット通販の年末商戦が活況だ。〈楽天市場〉は12月15日の日商が56億円を突破、ヤフーは12月12日の〈ヤフーショッピング〉と〈ヤフーオークション〉の日商合計が51億円となった。いずれも1日の流通額としては過去最高となる。

楽天は12月14日の午後8時から30時間、購入店舗数や予約件数などに応じてポイントの付与率を高める「お買い物マラソン」を実施。前回までは最大10倍だった付与率が、今回は最大35倍となるキャンペーンを実施した。タイムセール商品やクリスマス特集、年末特集も並行して行った。

この結果、15日の日商は56億円を突破し、キャンペーン期間中30時間の流通総額は83億円を超えた。

ヤフーは12月12日の午後7時からの7時間、ポイント付与率が最大で35倍となるキャンペーンを実施した結果、流通額の最高額を更新した。

モール2社の担当者によると、ポイントセールを開催していない通常日も前年を上回る流通額になっており、年末に入ってEC市場は活発に動いているとしている。

年末を迎えEC市場が活発化していることについて、インテリア雑貨EC事業者は「年初には動かなかったような高級な商品も動き出している。節約志向が弱まっているのではないか」と分析している。

また、日用品ECの店長は「安い商品を求めるうちに、ECでの買い物が日常化してきたことも大きな理由となっているのではないか」と分析している。

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]