日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アベルネットが食品販売開始 米、カキを産地直送「仙台ボンバー」

家電以外のジャンルに進出し、売上アップをめざしていく。

大手家電ECサイト〈PCボンバー〉を運営するアベルネット(本社東京)はこのほど、食品の取り扱いを開始した。米とカキの販売からスタートし、今後、アイテム数を増やす。家電以外のジャンルに進出し、売上アップをめざしていく。

同社が東北地域で運営する路面店舗〈仙台ボンバー〉のECサイトで食品の取り扱いを開始した。宮城県産の「ひとめぼれ」や秋田県産の「コシヒカリ」などを販売している。

配送料は購入金額にかかわらず無料にした(一部地域を除く)。「家電と同じく、お米は持ち帰るよりも配送してほしいというニーズが高い商品のため、これまでの販売ノウハウを生かせる」(経営企画部・床鍋義博部長)。11月からはカキの販売も開始した。

姉妹店の〈大阪ボンバー〉では、お茶の販売も始めている。

今後は飲料水や果物など持ち帰りに不便な商材や、九州のめんたいこなどの取り扱いも検討している。

アベルネットの10年3月期売上高は、前期比45.8%増の245億円。

本店サイトの〈PCボンバー〉のほかに、大阪、仙台、博多の3都市にある路面店舗がそれぞれ地方型のECサイトを運営している。

・PCボンバー
http://www.pc-bomber.co.jp/shop/contents/index.aspx

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]