日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アジア向けEC事業を支援するECAAが新組織に改編 アジア事業者も対象に

アジアのEC事業者同士の直接交流や、企業提携を推進できる場を提供する
よろしければこちらもご覧ください

EC向け決済代行のSBIベリトランス(本社東京)が幹事となって運営している団体「E Commerce for Asia Alliance」(以下「ECAA」)は11月10日、日本だけでなくアジア全域のEC事業者を対象とした組織に改編すると発表した。アジアのEC事業者同士の直接交流や、企業提携を推進できる場を提供することで、アジア全体のECの活性化をめざす。

今回の改編により、名称を「E Commerce Asia Association」に変更。これまで、企業同士の連携としてきたため法人格は持たせなかったが、法人化していく計画だ。

新ECAA参加企業には、現在のECAA会員企業のほか、新たな日本企業や中国EC関連事業者、韓国、台湾、ベトナム、マレーシアなどアジア各国のEC関連事業者を加えていく予定。

ECAAは09年4月に設立。日本企業のECによるアジア進出を支援する目的で、EC支援事業者16社でスタートした。参加企業間の情報共有や、セミナー開催などの啓蒙に取り組んできた。10月末時点での参加企業数は37社となっている。

・ECAA
http://ecaa.jp/

ECAA

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]