日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

フィンチジャパン 5964件のカード情報流出 ECサイト トリタスフラワー は閉鎖

流出件数は5964件で不正利用の被害も出ているという。

生花のネット通販を手がけるフィンチジャパン(本社東京)が運営する通販サイトが海外からの不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報の一部が漏えいしたことが分かった。流出件数は5964件で不正利用の被害も出ているという。7月8日までに対象顧客にメールと郵送で事実関係を報告、現在も調査を続けている。

被害を受けたサイトは〈トリタスフラワー〉。6月10日午前3時半ごろから同月21日の午前5時半過ぎにかけて、中国や韓国からの不正アクセス攻撃を受け、データベース上に格納していたカード情報が盗み出された。

流出対象は08年3月から10年6月21日の間に、同サイトの商品をクレジットカードで購入した顧客の情報。フィンチジャパンは6月21日に通販サイトを閉鎖して調査を開始、7月8日にサイト上で公表した。流出したのはカード番号、名義、有効期限といったカード情報で、住所やメールアドレスなどの情報の流出はないという。

フィンチジャパンによると、6月21日にクレジットカード会社からカード情報の不正利用が発生した可能性があるとの連絡を受け、問題が発覚。通販サイトを閉鎖した後、2社のセキュリティ専門会社に調査を依頼した。7月1日にカード情報が流出した恐れが高いとの中間報告を受け、同6日に最大で5964件の流出を確認。7月8日、電話による問い合わせ窓口を設置し、メールと郵送で対象顧客に報告した。サイトは閉鎖した。

同社では「本件を起因とするクレジットカードでの不正利用による被害が確認されている」とコメント。詳細についてはカード会社に連絡して確認するよう対象顧客に呼びかけている。

現在、第三者のセキュリティ専門会社の指導のもと、不正アクセス対策の強化をすすめている。強固なセキュリティ対策を導入し、安全性が確認できるまで通販サイトの運営は停止する。

・株式会社フィンチジャパン
http://www.finchjapan.co.jp/

・トリタスフラワー
http://tritas.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]