日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天流通総額8000億円に 三木谷社長「今期は1兆円超」

〈楽天市場〉や〈楽天ブックス〉などのEC事業の売上高は760億8200円(前期比20.7%増)、営業利益397億4100万円(同29.0%増)
楽天

楽天は2月12日、09年12月期の通期連結決算を発表、〈楽天市場〉や〈楽天ブックス〉などのEC事業の売上高は760億8200円(前期比20.7%増)、営業利益397億4100万円(同29.0%増)で、〈楽天市場〉の年間流通総額は8002億6000万円(同20.6%増)となった。この数字について三木谷浩史社長は「(流通総額成長率40%を掲げているが)不況の影響のなかで、まずまずの数字だったのではないかと思っている。今期に25%の成長を果たせば、(楽天市場の)流通総額が1兆円に達するので、実現できるようがんばりたい」と話した。

今期(10年12月期)の戦略については「真の世界企業をめざして海外進出を本格化する」(三木谷氏)とコメント。すでに楽天は、台湾でモール事業を行っているほか、ルクセンブルクに支社を設置、タイのEC企業を子会社化している。また、今年中に百度と合弁会社を設立して中国進出する予定。これに加えて約10カ国に進出していく計画を明らかにした。

技術開発体制も世界規模で強化する。国内のIT技術などを研究・開発する楽天技術研究所の職員を、現在の約20名から100名に拡大する。さらに、インドに開発拠点を、米国に研究開発拠点をそれぞれ設置する予定。

EC事業においては、商品ジャンル別の機能を設けるなど、システム面を新たに強化し、より買いやすい、売りやすいモールにすることで、流通総額の拡大を図っていくとしている。

前期の連結業績は売上高2982億5200万円(前期比19.4%増)、営業利益566億4900万円(同20.1%増)、経常利益548億9000万円(同23.3%増)、純利益535億6400万円(前期は549億7700万円の損失)だった。いずれの利益段階でも過去最高を更新した。

・楽天株式会社
http://corp.rakuten.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]