日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

オプトが総合EC支援“ECコンシェルジュサービス”を開始 広告・物流・決済も

バックヤード全般の支援を行うのが特徴。総合的に請け負うことでランニングコストを抑え、収益が向上する仕組みを提案する。

大手ネット広告代理業のオプト(本社東京)は近く、EC事業者向けの低価格な業務支援サービスを開始する。グループ会社や外部企業と連携して、広告事業だけでなく、物流や決済といったインフラ面でのサポートや、中国進出支援も提供していく。初年度は200社の支援先企業の獲得を目標としている。

開始するサービスは「ECコンシェルジュサービス」。バックヤード全般の支援を行うのが特徴。総合的に請け負うことでランニングコストを抑え、収益が向上する仕組みを提案する。

グループのEC支援会社や、バックヤードのサポートを行う外部企業と連携して、事業者の悩みに最適なサービスを提供する。

オプト

広告連動型の在庫管理サービスの提供を開始したほか、3月上旬には中国進出を検討する事業者へのテストマーケティング支援を開始する。

今後、サービス内容を拡充させていく予定。

・インターネット広告代理店 オプト
http://www.opt.ne.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]