居酒屋明日のモバイルほろ酔い語り

いま再び注目を集めるTwitter - 明日のモバイルほろ酔い語り

今回のテーマは、最近なにかと話題の「Twitter」(ツイッター)。

ページ

居酒屋明日のモバイルほろ酔い語り

ここは、東京下町のとある居酒屋。板だけ載せた酒瓶ケースの上に、ずらりと焼鳥やもつ煮を並べ、路上で立ち飲みが基本の店だ。気さくなおかみさんが、手作りの肴を振る舞ってくれ、深夜までずっと賑わっている。

そんな気取らない店に、IT系勤務のホットなやつらが夜な夜なつどって業界の噂話に花を咲かせ、ときには激高しときには愚痴をこぼし、ときには成功を喜び合う……。店内では、聞き逃せないような最新情報、そしてモバイルの未来に関わるような貴重なアイデアが飛び交っているのだ。

今日も、おもしろそうな会話が耳に飛び込んできたようだ。

文、写真:清水亮(ユビキタスエンターテインメント)

今回のテーマは、最近なにかと話題の「Twitter」(ツイッター)。2006年7月に登場したサービスで、ドッグイヤーのIT業界にあっては、それなりに古くからあるサービスだ。それが今年に入ってから、急激にブレイクし、ここ最近は一般紙などでも特集されるほどの人気振りとなった。今回はTwitterを取り巻く状況について、筆者と友人がさまざまな考察を繰り広げる。

登場人物

筆者

さすらいのTwitter野郎。2年前にTwitterを始め、いまは常時3つのアカウントを使い分ける。ヘビーユーザーであり、TwitterクローンやTwitterクライアントのプログラム経験もある。
M子=某ソフトメーカーに勤める20代事務職。iPhoneユーザーだが、使いこなしてるとは言い難い。ちょっとだけ尖ったユーザー。

いま再び注目を集めるTwitter

■いまさらだけど、「Twitter」ってなに?

Web担Twitterアカウント
Web担当者ForumでもTwitterアカウントを開設中

M子「清水さんって、最近、ぜんぜん捕まらないですよね」

筆者

「そうかな」

M子「着信拒否してないですか?」

筆者

「してないけど、ケータイの着信音は、いつもオフになってるんだ」

M子「え、バイブもなし?」

筆者

「うん。僕はなにか考え事をしてるときに邪魔されるのが嫌いなんだよね」

M子「うーん、コミュニケーション力に難ありですねえ」

筆者

「余計なお世話だよ。だいたい、大事な用事なら電話じゃなくてメールを書くでしょ。電話だけでお手軽に済まそうってのは、だいたいろくな用事じゃないんだ。飯奢れとか」

M子「うーん、ちょっと図星かも(笑)」

筆者

「そらきた。まあ、僕はどうせメッシーですよ」

M子「あ、でも聞きたいこともあったんですよ。『Twitter』(ツイッター)って知ってます?」

筆者

「え? 知ってるけど?」

M子「あれってどうやって遊ぶんですか?」

筆者

「え? 君、Twitter始めたの?」

M子「うん」

筆者

「なんでまた?」

M子「なんか、最近、たまたま会社で拾った雑誌でTwitter特集してて……」

筆者

「(週アス落ちてたのか…)へーえ」

M子「それで、登録してみたんですけど、ぜんぜんわからないんですよねー」

筆者

「なにが?」

M子「なんか、お勧めユーザー、みたいなのを自分のにそのまま登録したんですけど、知らない人の書き込みがひたすら出てくるだけなんですよー」

筆者

「いや、Twitterって、そういうもんだから」

M子「でも、これぜんぜん楽しくないですよ。どうやったら使いこなせるんですか?」

筆者

「あー、Twitterはね、基本的に自分の知り合いとやらないとおもしろくないよ

M子「えー、じゃあmixiみたいなものかあ?」

筆者

「違うけど、感覚としては近いかな」

M子「ちなみに清水さんは使ってるんですか?」

筆者

「使ってるもなにも、もう2年くらいずっと使ってるよ」

M子「ええぇーっ! Twitterってそんなに昔からあるの!?

筆者

「そうだよ」

M子「じゃあなんで今頃話題になってるんでしょう?」

筆者

「うーん、それはたぶん、去年、アメリカで再ブレイクしたからじゃないかな」

M子「再ブレイク?」

筆者

歌手のブリトニー・スピアーズや、オバマ大統領が使い始めて、それで一気に広まった感があるよね」

Celebrifeed
Twitterを利用している海外セレブのつぶやきを集めた「Celebrifeed」

M子「ええーっ!そんなセレブな人たちが使ってるんですか!」

筆者

「うん。もっとも、本人かどうかは良くわからないらしいんだけど」

M子「なあんだ」

筆者

「でも、けっこう、それっぽいから注目されてるんだよ。このサイト(Celebrifeed)とかに行くと、Twitterを使っているセレブの発言だけを読むことができるよ」

勝間和代(かつま かずよ)

経済評論家。『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』『お金は銀行に預けるな』『起きていることはすべて正しい』『断る力』など、ベストセラー著作が多数あり、若い世代のビジネスマンを中心に広く人気を博している。Twitterは2009年7月中旬ごろより利用開始。

広瀬香美(ひろせ こうみ)

ミュージシャン。『ロマンスの神様』が1993年に大ブレイク、以降も『ゲレンデがとけるほど恋したい』『ストロボ』『GIFT』などをヒットさせる。広末涼子、上戸彩、はるな愛などに楽曲を提供するなど、シンガーソングライター/プロデューサの立場などでも精力的に活動。勝間和代とは友人関係で、彼女に勧められて同時期よりTwitterを利用開始。

M子「すご…。でも英語…。当たり前かあ」

筆者

「当たり前だね」

M子「日本のセレブはやってないんですか?」

筆者

「やってるよ。そういうユーザーがたぶん、フォローするのにお勧めだと思うんだけど」

M子「じゃあもう登録してるってことかな?」

筆者

「うん。たとえばほら、勝間和代とか」

M子「あー、あの、自転車乗ってる人? 私、あの人、あんまり好きじゃないんです。他には?」

筆者

「えー? じゃあ、広瀬香美とか」

M子「誰ですか?」

筆者

「……」

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet6はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]