居酒屋明日のモバイルほろ酔い語り

■Androidの意外に良いとこ悪いとこ

よろしければこちらもご覧ください

■Androidの意外に良いとこ悪いとこ

M氏「あとAndroid marketはさ、アプリのスクリーンショットを見られないのが致命的だよね」

筆者

「あれ、何考えてあんな設計になってるんだろうね……」

M氏「けど、『インストール』を指示してダウンロードが開始されたら、すぐに他のアプリを探しにいける機動性は、iPhoneよりずっといい。これぞマルチタスクの恩恵というか」

筆者

「非常に意外だったのは、ゲームが結構遊べることだね。スクリーンショットがないからダウンロードしてみるまで解らないけど、いざ遊んでみると良作も多かった」

M氏「どんなのが良かった?」

筆者

「意外にも、『DOOM』がね、非常に良く出来ていた。というか、良く動いていたし、良く遊べた。画面を横にして遊ぶんだけど、シングルタッチの欠点を補うかのように、タッチで前後左右に移動して、トラックボールで視線を変更して撃つようになってるんだよね。これがかなりスルスル動いて快感」

M氏「へー。原作も視線移動はマウスだから、確かにトラックボールをそういう風に使うのは新鮮だね」

筆者

「それに、トラックボールを使うと、画面を塞がないじゃない? iPhoneのゲームって、どうしても画面で指が邪魔になるんだよね。ボタンがないからさ」

M氏「あのトラックボールは、最初どうかとおもったけど、実際に使うとかなりいいよね」

筆者

「指で隠れないというのと、トラックボールがあることで、片手でも十分操作出来るようになってるよね」

M氏「本体も小さいから、親指で文字入力するのも快適だし」

筆者

「個人的に驚いているのは、アプリサイズが小さいことと、全体の動作がかなりキビキビしてることだね」

■Androidアプリ、実装言語はどうなの?

M氏「iPhoneのアプリを開発するには、Objective-Cを覚えないといけないじゃない。それが凄い敷居をあげてる気がするんだけど、Androidはその点どうなの?」

筆者

「AndroidのアプリはすべてJavaで書かれているから、サイズが小さいのは当然なんだけど、それにしてもたいていのアプリが1メガバイト未満というのは驚くほかない」

M氏「iPhoneのアプリって、数メガバイトあって当たり前だもんね」

筆者

「あとJavaって、Cに比べると仮想マシン(VM)だからあんまり速いスピードが出ないのよ。一般的には。にもかかわらず、どのアプリもかなり高速に動くし、キビキビ動作する。これは単純に凄いことだよね」

M氏「Androidは、通常のJavaVMと違って、DalvikVMを採用してるよね。それがけっこう効いてるのかな」

筆者

「いまの段階で評価を決定することはできないけど、それでも善戦してることは間違いないね。いまのケータイJavaから考えると、別世界と言っていいくらい、複雑なアプリが高速に動いてる

M氏「あと、Androidのアプリって、いろんな種類があるよね。バックグラウンドで動いたり、IMEになったり」

筆者

“All Applications are equal(すべてのアプリは平等)”というのがAndroidのキャッチフレーズだからね。ホーム画面やダイアルさえもすべてJavaアプリという」

M氏「だからソニーエリクソンの“Rachel”(レイチェル)みたいに、ホーム画面を作り直すと、まるで別物のOSに見えたりするんだよね」

筆者

「Rachelは本当に驚きだよね。iPhoneよりむしろいいんじゃないかって錯覚してしまいそう」

Rachelの動画はこちら

■iPhone vs. Androidという図式?

M氏「でも、iPhoneのUIKitも本当に優秀で、どんなに適当なプログラムでも、いや、適当なプログラムであればるほど、完成度が高いUIになるようになってるんだよね」

筆者

「そうだね。逆にうちのZeptoPadやZeptoLinerみたいに、UIを極限まで自分で作り込むと、どうしても標準のUIに比べてぎこちないところが出てきてしまう」

M氏「清水さんとこはUI命の会社だから、iPhoneでは独自のUIを作りこむアプリは作りにくいよね。できあいの部品でちゃっちゃと作った方がいい」

筆者

「それはいろいろ痛感するところ。初期のWindowsアプリみたいなものかな。OS標準のGUI部品が良く出来てるから、それをざっくり組み合わせれば一丁上がりと言う。僕としてはそういうのは少々おもしろくないんだけど」

M氏「でも、そのお陰で全体のアプリのクオリティは高いよね」

筆者

「こういう、底辺の底上げというのがAppleは実に上手い。昔から」

M氏「その点、Androidはまだぎこちないね」

筆者

「どうも標準のUIライブラリがショボ過ぎて、ちょっと凝ったことしたかったら、ほとんど自分で作らないといけないんだよね。だからツールっぽいアプリは極端に少ないのかも」

M氏「ゲームみたいに操作が割り切れるものばかりじゃないからねえ」

筆者

「でもAndroidは、ライブラリそのものを作り込んでいけば、けっこう良いところまで持っていけるんじゃないかな。実際、Rachelなんか良い線いってるし」

M氏「OpenGLがでかいよね。あれがかなり高性能だから、OpenGLを上手く使うとかなりのことができる。まだまだこれから凄いのがでてきそうな期待と予感はあるね

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]