Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

マイクロソフトとヤフーの提携でSEOに起きる10の変化(中編)

検索市場のシェアについて説明しよう。

この記事は3回に分けてお届けしている。ヤフーとマイクロソフトの提携の背景を説明した前回に引き続き、今回は検索市場のシェアについて説明しよう。

検索クエリ需要の市場シェア

検索業界の現状は、次にあげる2つのグラフの中間くらいのところにあるようだ。

Market Shareのスクリーンショット

Market Shareより。同社のヒットカウンタやリファラー追跡ソフトを導入している数千のアカウントからのデータによる。

comScoreによる2009年6月の検索市場シェア
comScoreコア検索レポート
2009年6月vs2009年5月
家庭/企業/大学の総計――米国内
ソース:comScore qSearch
コア検索サイト検索シェア(%)
20009年5月2009年6月増減ポイント
2009年5月→2009年6月
コア検索総計100.0%100.0%-
グーグルのサイト65.0%65.0%0.0
ヤフーのサイト20.1%19.6%-0.5
マイクロソフトのサイト8.0%8.4%0.4
Ask Network3.9%3.9%0.0
AOL3.1%3.1%0.0

現在の市場でグーグルが占めるシェアは、検索クエリ全体の65%ないし82%というところだ。

検索エンジンの外部にリンクする参照クエリ(グーグル、ヤフー、マイクロソフトのクエリのうち、自社が所有するコンテンツに対する検索やリンクでないもの)に関していえば、そのトラフィックの80~85%近くはグーグルから出ていると、僕は考えている。

この記事は3回に分けてお届けしている。次回はいよいよ、マイクロソフトとヤフーの提携でSEOに起きる10の変化について説明する。→後編を読む

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]