サイトの訪問者にソフトウェアのインストールを求める際に知っておいていただきたいポイン ト | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「サイトの訪問者にソフトウェアのインストールを求める際に知っておいていただきたいポイン ト」 からご覧ください。
ウェブサイトでは一般的に、サイト訪問者 ( ビジター ) にソフトウェアのインストールを求める場合があります。たいていは、特殊な形式の文書を見るなど、標準のウェブブラウザにない機能を追加することが目的だと思います。もしあなたのサイトで、サイト訪問者に特定のソフトウェアをインストールしてもらう必要がある場合は、サイト訪問者を適切にインストールへ誘導しているか、その手順をご確認ください。導入手順が不適切な場合は、ユーザーを万が一の危険から保護するため、あなたのサイトが マルウェア のインストールを試みているとみなされる場合があり、Google のマルウェア検出フィルタが反応し、下記のスクリーンショットのようにサイトの検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」という 警告メッセージ が表示される可能性があります。


サイトの閲覧・利用に特殊なソ フトウェアのインストールが必須な場合、まずサイト訪問者に、ソフトウェアのインストールが必要な理由がわかるようにしましょう。具体的な例を次に紹介します。

良い例 ( 1 ): 初めてサイ トを訪問したビジターには、インストールを開始する前に、サイトの利用に特殊なソフトウェアが必要である理由を明記したページへリダイレクトする。その後、ビジターが必要なソフトウェアをインストールすると決めたら、インストールを開始する。

悪い例 ( 1 ): ビジターに、ソフトウェアをインストールするか否かの選択を与えずに、インストールを開始してしまう。

悪い例 ( 2 ): ビジターが、ソフトウェアのインストールが必要かどうかを判断するのに充分な情報を与えずに、いきなり確認ダイアログボックスを表示してインストールの同 意を求める ( 標準の ActiveX コントロールのインストール用ダイアログボックスでも同様です。このダイアログボックスには、ソフトウェアをインストールするかどうかを判断するために役 立つ情報が含まれていないからです ) 。

あなたのサイトは大丈夫ですか? ソフトウェアインストールの導 入手順が適切でないために、Google の検索結果でマルウェア警告メッセージが表示されていませんか? もしその場合、まず、ソフトウェアのインストール手順を見直して、サイトのビジターにインストールの必要性を充分に伝えられるようにしましょう。その上で、インストールしない選択もできるようにしてください。そのようにサイトを修正したら、あなたのサイトの Google 検索結果からマルウェア関連の警告メッセージを速やかに取り除けるよう、ウェブマスターツール を使って マルウェア再審査 ( malware review ) のリクエストを Google へ送信してくださいますよう、お願いします。


Written by Jonathan Simon, Webmaster Trends Analyst
Original Version: Request visitors' permission before installing software
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]