セールスページのコンバージョン率を必ず改善する10のルール | SEO Japan

SEO Japan - 2010年10月13日(水) 13:05
このページは、外部サイト SEO Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「セールスページのコンバージョン率を必ず改善する10のルール」 からご覧ください。
コピーブロガーからコンバージョン率の高いセールスページ(ランディングページ)を作成するための10のアドバイスを。またこの手の記事?と思われがちですが、今回の内容、小手先のテクニックでは無く本質的な問いかけを読者にしており、かなり有益な内容です。 — SEO Japan あなたは、“パーフェクトなセールスページ“を約束している多くのコピーライティングの常とう手段を見た時、どれを信用すべきかどうやって知るのだろうか? なにしろ、それぞれの常套手段にはその裏に成功している直接販売のスーパースターがいるようで、それぞれがしっかりとした計画に見える。こういう幅広く異なるセールスレターのスタイルを目の前にして、あなたはどうするだろうか? 最初のステップは、コピーライティングはどんな“常套手段”にも勝るということに気が付くことだ。それは、コミュニケーションと説得力の練習なのである。 ちょうどレシピのように、進め方が異なれば異なる結果を招く。あなたが探しているレシピは、あなたの読者に左右されるだろう。そして、彼らの反応が一番良いものが何かをテストしなければならないのだ。 しかし、あなたが従うと決めたセールスページのレシピが何であろうと、重要なのはそこに入る“具材”の裏に隠された理由を理解することである。ここでは、あなたのレシピがどうかき混ぜようとも、成功するセールスページには必ず必要なことを見ていこう。 1. 約束をし、注目を要する見出し Copybloggerでは、優れた見出しを書くことや、あなたのコピーが読まれるために導入部が持っている確固たる重要性について広く話してきた。 見出し(セールスレターの最も重要な部分)を打ち出さなければ、残りの部分を見続ける人なんていないだろう。 見出しは、読者のニーズと要望に基づいて前もって読者を限定し、同様にしてもし彼らがそこに留まって次に来るものを読めば興味深いことがあると彼らに期待させるものだ。 これを上達させたい?それなら練習することだ。もしあなたが見出しのスワイプファイルを作っておらず、あなたが書くブログ投稿で注目を集めるスキルを鍛えているのなら、今すぐに始める必要がある。 2. 期待と口説きの導入段落 あなたの生意気な見出しが読者の好奇心をそそったら、次はあなたのコピーの一言一句を読んでもらうために読者を心理的な期待に導く必要がある。 それは、読者を引き込むために冒頭の段落を使用し、信頼関係を築き、見出しの中で期待させたことをさらに詳しく述べることによってできる。 ここは読者が知りたいことについてより具体的にする場所である。最も重要なことは、その知識が彼らが望んでいる結果にどのようにして近づくのかを教えることだ。導入段落がしばしば“ティーザー”と呼ばれるのには理由がある―読者にもっと読みたいと思わせるように見せることが意図されているのだ(ティーズ = からかう、じらす)。 読者が自分は正しい場所にいるということ(さらに、下へスクロールしていけば興味をそそる知識があるということ)を理解させ続ければ、最後までずっと読み続けるだろう。 3. オファーの背景にある理由を明かすストーリー 古い言い回しの“言葉で伝え、ストーリーで売る”というのは100%真実だ。人々はストーリーのあるコピーとはより感情的に結びつく。あなたのオファーがなぜ誕生したのかについて人の心をつかむ(もちろん真実の)バックストーリーを上手に作れば、読者はあなたのコピーにより深いレベルで引きこまれる。 私たちはみんなストーリーがどう展開するのか知りたいと思っている。それがまさに、多くの効果的なセールスページが製品の作者に関する(または作者が助けた人々に関する)変革のストーリーを含んでいる理由なのだ。読者はあなたのオファーを介して結果を求めていて、実現するその結果が関係するストーリー展開に熱い視線を注ぐだろう。 もしあなたが生まれながらのストーリテラーでなければ、過去にあなたが見たセールスレターを再度振り返り、ストーリーを見る目を持ってもう一度読んでみるのだ。優れたライターがコピーの中にこれを見事に取り入れていることに驚くだろう。 4. 親密さと信頼性を育てる詳細事項 多くのセールスレターには、“私が誰でなぜあなたは私の話を聞くべきなのか?”という製品の作者の信頼性(とさらなる背景)を築くことを意図したセクションが含まれている。あなたはこの単刀直入の話し方を見習うこともできるが、もっと巧妙に同じ結果を達成する他の方法がある。 ストーリーに戻ろう―ここが作者のバックグラウンド―つまり、これまでに得た成果やオーソリティを築く資質や読者のニーズを満たすために完璧な選択をさせる理由―を紡ぐのにパーフェクトな場所なのだ。 読者は自分が信頼し好む人から購入する。製品の作者を興味深く信頼できるソースにするような詳細事項をあなたのコピーにちりばめれば、メッセージ全体がもっと説得力のあるものになる。 5. 読み飛ばす人を止め、読みやすくする小見出し 中身のある小見出しは、高いコンバージョンのセールスレターで2つの確固とした目的を果たす。 1つ目には、なぜ下の文章まで読む必要があるのかを読者に簡単に知ってもらうことだ。基本的には、約束を持たせて読者を引きこんで先に進ませるためにデザインされた小さな見出しなのだ。 自分のセールスレター内の各文章のブロックで、“みんなはなぜこれを読まなければいけないのか?”ということを自問自答し、その答えを説得力のある小見出しに変換するのだ。あなたが好きなブログを再訪し、作者が中身のある小見出しでどのようにしてあなたをつなぎ止めているのか見てみよう。 小見出しの2つ目の目的は、“どんどん下にスクロールして読み飛ばす”人を止めて“戻って読まなくちゃ”と言わせるような注目を引く約束を伝えることである。 小見出しが“立ち止まるに値する”ものかどうかを検討する前にセールスレターに入れないことだ。 6. 不安を軽減する証言広告 ほとんどの人は証言広告を製品の作り手の自尊心を満足させる運動として扱っている。 しかし、読者はそんなことどうでもいいのだ。彼らが気にしているのは彼ら自身の問題(特にそれを解決すること)であり、“注文”ボタンをクリックするか検討する時に彼らが持つ異論が気になるのだ。 彼らはこんな風に考える: “これは私の状況にも効果があるだろうか?” “これは難しすぎないだろうか?” “私にはこれをする時間があるだろうか?“ “もしこれを返品する必要があったら?” “この人をどうしたら信用できる?” 彼らの異論を予期して、彼らの裏にある不安への解毒剤となる証言広告を集めるのがあなたの仕事である。自分の証言広告を確認し、ちゃんと仕事を果たしているかどうか見てみるのだ。もし果たしていなければ、あなたは自分がやるべきことを分かっているはずだ。 7. あなたの製品またはサービスが実際に効果的であることの証明 もしも“プディングがうまく出来たかどうかは食べてみなければ分からない”のなら、もうすぐ客になりそうな人に見せるために、何人かを満腹にする必要がある。 製品またはサービスがあなたにとっても効果があるという具体的な例を最初から最後まで見せるのだ。(ちなみにそれは、あなたのストーリーの中にそれらの要素を入れることで簡単にできる) [...]
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]