士業こそ!Web広告で効率的な顧客獲得を

弁護士や弁理士、いわゆる士業の人たちは、新型コロナウイルスが蔓延している状態でも大きな売り上げの低迷はなく安定しているそうです。今回は「士業」に着目して、今のような状況下でも行える顧客へのアプローチ方法について紹介いたします。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コロナの感染拡大防止のために、これまでのような直接顧客にアプローチする方法がなかなか難しくなってきている昨今。

他の業種と比べて売り上げが低迷していないからといって油断してはいけません。コロナがこれからも続いていくと考えられている以上、顧客へのアプローチの方法を変える必要があります。

実は士業の方におすすめなのは「Web広告」です。今回「Grab」では士業におすすめな「Web広告」について解説しています。

>> 「Grab」で士業におすすめなWeb広告について読む

士業こそ!Web広告で顧客獲得を

士業にも経営力が必要であることは間違いありません。新型コロナウイルスが流行する前なら、「無料相談会」を開催したり、顧客の繋がりで紹介をもらえたりなど直接顔を見合わせて案件を進めていくことができていたでしょう。

ですが、現在の状況はそうではありません。直接的なアプローチや紹介で顧客を獲得するのは確実に難しくなっています。そういったときに便利なのが「Web広告」です。

Web広告はターゲティング精度が高く、広告を必要としている人に適切なタイミングで届けることができるWeb広告がこれからの士業にはおすすめです。必要な人に必要な情報が届くことから、費用対効果も十分に期待できるため無駄がありません。

士業におすすめの広告手法

  • 顧客のニーズに対するマッチ度が高い【検索連動型広告】
  • 顧客を引き付けてブランディング【YouTube動画広告】
  • 潜在顧客に積極的なアプローチ【DSP広告】

>> 各広告について詳しく見る

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]